月別記事一覧 (別窓にするにはShift+リンククリック)
2024年01月30日
 ・テキスト:ヤムチャ「俺は悟空と共に武天老師様に稽古をつけてもらう」プーアル「ヤムチャ様!」 [おもしろ] (0)-[ おもしろテキスト ]
2024年01月27日
 ・ テキスト:宿屋「魔王城の近くに休憩所作ったった」 [おもしろ] (1)-[ おもしろテキスト ]
2024年01月24日
 ・テキスト:コルド大王「この剣がなければワシに勝つことは……できんのだ!!!」スパッ 「あ……あれ?」 [おもしろ] (4)-[ おもしろテキスト ]
2024年01月21日
 ・体験談:喘息を持ってて、会社にもそれを伝えた上で就職した。 [衝撃] (11)-[ 衝撃体験談 ]
2024年01月18日
 ・テキスト:ベジータ「動けないサイヤ人など必要ない!すぐ病院に連れてってやる!」 [おもしろ] (1)-[ おもしろテキスト ]
2024年01月15日
 ・テキスト:勇者「過去にタイムスリップして弱かった頃の魔王狙えば楽勝じゃね?」 [おもしろ] (1)-[ おもしろテキスト ]
2024年01月12日
 ・体験談:同居してた祖母が薬自慢してくる人だった。 [衝撃] (7)-[ 衝撃体験談 ]
2024年01月09日
 ・テキスト:のび太「ぼくが…世界を変える」 [おもしろ] (2)-[ おもしろテキスト ]
2024年01月06日
 ・テキスト:魔法使い「隕石魔法を習得したぞ!」師匠「いや、尿路結石魔法じゃ」 [おもしろ] (3)-[ おもしろテキスト ]
2024年01月03日
 ・体験談:一時期よく義弟のお子さんを預かっていた事がある [衝撃] (4)-[ 衝撃体験談 ]

2024年01月30日
カテゴリー:

おもしろテキスト

俺はロンリーウルフ。砂漠のヤムチャ。

ピラフ一味の野望はウーロンによって阻止され、そのまま大猿となった悟空によってピラフ一味は壊滅した。

俺は結婚というものに憧れていたが、悟空が武天老師様の元に行くと聞いたとき、武闘家としての血がうずいてしまった。

土下座しなくてもやらせてくれそうなブルマの誘惑を断ち切り、武天老師様の所に向かおうとしていた悟空に頼み込む事にした。

悟空「じゃあ、オラ亀仙人のじっちゃんの所に行くな!」

ヤムチャ「悟空!!待ってくれ!」

悟空「なんだ?」


続きを見る


コメントの数(0)│ コメントを書く
2024年01月27日
カテゴリー:

おもしろテキスト

チュンチュン

旅人「う、う〜ん…?」

僧侶「お目覚めですか…」

旅人「こ、ここは…途中で立ち寄った休憩所…?確か私は、魔王城へ乗り込んで…」

僧侶「貴方は魔王城で倒れられたのです。そこで運よく、同じく魔王城へ乗り込んでいた方がここへ運んで下さったのですよ…」

旅人「そうだったんですか…!そ、それでその方はどちらへ!?」


続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
2024年01月24日
カテゴリー:

おもしろテキスト

トランクス「なにがいいたいんだ?」

コルド「なあに簡単なことだ……」

コルド「つまりお前はこの剣がなければワシに勝つことは……」

コルド「できんのだ!!!」ブンッ

スパッ!

コルド「……え!?」

コルド「あ、あれ……?」


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く
2024年01月21日
カテゴリー:

衝撃体験談

喘息を持ってて、会社にもそれを伝えた上で就職した。
社内は禁煙なんだけど、室長が隠れてタバコ吸ってた。
本人は窓全開にしてタバコ吸い、吸い終わったら空気清浄機つけてるからバレてないと思ってるんだろうけど、
明らかに室内が室長の吸ってるタバコ臭するし、私がタバコで発作でるんだけど、サージカルマスクつけてても咳止まらなくなる。
室長が室内でタバコ吸う理由が昨今の禁煙ブームで喫煙室が減って、外の非常階段使って屋上までいかなければならなくなったからだと思う。
仕事行くたびに咳が止まらなくて、病院でタバコと咳で気管支が慢性的に荒れてる、これじゃ良くないとまで言われて、このままじゃ生きるか死ぬかだと思って、社長に直接訴えた。


続きを見る


コメントの数(11)│ コメントを書く
2024年01月18日
カテゴリー:

おもしろテキスト

ナッパ「ベ、ベジータ……」

ベジータ「動けないサイヤ人など必要ない!」

ベジータ「もはや貴様は戦力にならん……すぐ病院に連れてってやる!」ガシッ

ギュンッ!

悟空「行っちまった……」


続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
2024年01月15日
カテゴリー:

おもしろテキスト

国王「魔界にて、魔王が軍勢を整えているという情報が入った」

国王「これまでも散発的に魔物が侵入してくるような事例はあったのだが、こんなことは初めてだ」

国王「本格的な侵攻が始まれば、精強を誇る騎士団でも歯が立つまい」

国王「占いによると、この事態を打破できるのは――勇者、おぬししかおらん!」

占い師「ヒィ〜ッヒッヒッヒッヒ! その通り!」

占い師「これは運命でございます。あなたはこの運命から逃れてはならんのですぞ!」


続きを見る


コメントの数(1)│ コメントを書く
2024年01月12日
カテゴリー:

衝撃体験談

同居してた祖母が薬自慢してくる人だった。
私はいつもこんなに飲むのよって、テーブルに錠剤(5錠)を並べて見せつける。

「ああこんなにたくさん大変」とか「でも飲まないと死んじゃうからねぇ」とか

毎回アピールしてくる。
しばらく前に私は難病と診断された。
そして毎日薬を35錠飲むことになった。
(朝18錠、昼8錠、夕9錠)
そしたら薬自慢できなくなった祖母が私を敵視するようになった。
別に私は薬自慢みたいなことはしてないのに

「たくさん飲んだから偉いってわけじゃない」とか

嫌味を言ってきたり、私の薬を隠したり。

続きを見る


コメントの数(7)│ コメントを書く
2024年01月09日
カテゴリー:

おもしろテキスト

のび太「しずかちゃーん! いっしょにかえろ〜!」

しずか「ええ! 今行くわ!」

この時はまだこれから起こることなんて、考えもしなかった。

というより、考えるわけがない。
忘れもしない、19XX年9月13日。

のび太「いや〜! 今日のテストもむずかししかったねぇ〜! ぼくにはさっぱりわけがわからなかったよ」

しずか「私も、今回はちょっと悪いかも…寝不足で、なんか頭がふらふらしちゃって…」

のび太「えぇ〜っ? 何かあったの!?」

しずか「…最近、変な夢ばかり見るの…」

続きを見る


コメントの数(2)│ コメントを書く
2024年01月06日
カテゴリー:

おもしろテキスト

魔法使い「はああああああ……!」

コポコポコポ…

魔法使い「できた! 容器の中に、小さな石が出来上がった!」

師匠「よくやった……ワシですら完成できなかった魔法をついに完成させおったか」

魔法使い「はい! これでボクは……隕石魔法を習得できたんですね!」

師匠「いや、尿路結石魔法じゃ」


続きを見る


コメントの数(3)│ コメントを書く
2024年01月03日
カテゴリー:

衝撃体験談

一時期よく義弟のお子さんを預かっていた事がある
義弟は出張が多い仕事で、義弟妻の両親もよく体調を崩して心配だから面倒を見なければいけないという
義両親にはお世話になっていたし、義弟の子たちは素直な良い子達でウチの子供とも仲良かった為
自分達は一回もそういう事無いのに便利に使われてる感はありつつモヤモヤしながらも月2〜3回ペースで
泊りがけで預かっていたんだけど、義弟妻両親のお世話なんて真っ赤な嘘で浮気していた事が分かった


続きを見る


コメントの数(4)│ コメントを書く

TOPへ戻る
週間人気ページランキング

TOPへ戻る
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
月別アーカイブ
タグ